MENU

漫画「狂眼」を無料で読める方法からアプリで全話読めるかも調査

狂眼 無料
本ページはプロモーション(広告)が含まれています

漫画「狂眼」はタテヨミ版が最新話79話、フルカラー版が最新刊23巻まで発行している漫画です。

レジコミ X BeLTOONチャンネルでは、漫画「狂眼」初心者のためのあらすじ動画を公開しています。見習い女官のカン・ウヌと世子の出会いのシーンで動画は30秒と少し短いですが、未読の方にも今話題の「狂眼」の魅力が体感できますよ。

そんな人気の「狂眼」の漫画を全話無料で読める電子書籍サイトやアプリを調査しました。

この記事でわかること
  • 狂眼の漫画が無料で読めるか
  • アプリで狂眼を全話無料で読めるか
  • 狂眼の漫画を全話お得に読める方法

結論からお伝えすると、漫画「狂眼」は無料では読めませんが、最新話や最新刊の1巻だけを無料で読めたり、まとめて買うことでお得に読める電子書籍サービスがありました。

狂眼 無料

「狂眼」の漫画を最新話や最新刊など1冊だけ無料で読めたり、全話をお得に読める電子書籍サイトもありますので紹介していきますね。

▽ すぐに「狂眼」をお得に読む ▽

シーモア公式はこちら

漫画「狂眼」無料キャンペーン情報

*2023年12月22日の情報になります。

タイトル
狂眼
全巻
フルカラー版最新刊23巻、タテヨミ版最新話79話
著者・作者
ソラ/ラヘ/肉花
レーベル・掲載誌
レジコミ Red
目次

漫画「狂眼」を無料で読めるサイトを調査

狂眼 無料

残念ながら「狂眼」の漫画を無料で読める電子書籍サイトはありませんでした。

しかし、公式の電子書籍サイトで無料会員登録時にもらえるクーポンやお試し期間中に貰えるポイントで「狂眼」の漫画を無料や全話お得に読むことできます。

電子書籍サイト
配信
キャンペーン
コミックシーモア
コミックシーモア
配信あり 初回登録時

70%オフクーポン配布

ebookjapan
ebookjapan
配信なし 初回登録時

70%オフクーポン6枚配布

(1回の上限500円)

u-next
U-NEXT
配信なし 最大40%還元

600ポイント付与

Amebaマンガ
Amebaマンガ
配信あり 初回登録時

100冊まで50%即時還元クーポン配布

book live
Book Live
配信あり 初回登録時

50%オフクーポン配布

まんが王国
まんが王国
配信あり 最大50%還元
dlサイト
DL-site
配信あり 初回登録時

300円オフクーポン配布

kindle
Amazon Kindle
配信なし 初回登録時
70%オフクーポン配布

※クーポン取得後、商品ページにクーポンが表示された場合のみ対象

*2023年12月22日時点の情報

電子書籍サイトの中で、「狂眼」をお得に読むのにおすすめなのは下記になります。

  • コミックシーモア:会員登録無料/70%オフクーポン

上記のサイトは、会員登録は無料なので登録すれば「狂眼」の漫画をお得に読めるクーポンがすぐに貰えます。

「狂眼」の漫画を最新話や最新刊など1冊だけ無料で読めたり、全話をお得に読める電子書籍サイトもありますので紹介していきますね。

狂眼を全話無料で読む方法は?

狂眼 全話

漫画「狂眼」を全話無料で読める電子書籍サイトはありませんが、電子書籍サイトのクーポンや定額メニューを利用することでお得にまとめ買いをすることができます。

たくさんある電子書籍サイトの中で、漫画「狂眼」を全話お得にまとめ買いできるサイトをピックアップしました。

配信サイト 全話購入価格 全話お得に読めるサービス
AmebaマンガAmebaマンガ 4,836マンガコイン
2,418マンガコイン
100冊まで使える
50%即時還元クーポン
コミックシーモアコミックシーモア 5,304円
実質無料
(ポイント還元により)
初回特典
月額メニュー登録分のポイントを後日お返し
(最大20000ポイント還元・条件あり)
Book LiveBook Live 5,304円
→5,270円
1冊50%オフクーポン

コミックシーモアなら全79話を実質無料で読める

コミックシーモア 無料
コミックシーモア 全巻
コミックシーモアは、月額メニューの登録で得られる特典が豊富です。

いまなら全額お返しキャンペーンを実施しているので、実質無料で漫画「狂眼」を読むことができます。

コミックシーモア月額メニュー

コミックシーモア300(月額:税込330円)
通常:300pt 初回特典:ー 継続特典:ー
コミックシーモア500(月額:税込550円)
通常:500pt 初回特典:50pt 継続特典:50pt
コミックシーモア1000(月額:税込1,100円)
通常:1,000pt 初回特典:150pt 継続特典:150pt
コミックシーモア2000(月額:税込2,200円)
通常:2,000pt 初回特典:450pt 継続特典:450pt
コミックシーモア3000(月額:税込3,300円)
通常:3,000pt 初回特典:690pt 継続特典:690pt
コミックシーモア5000(月額:税込5,500円)
通常:5,000pt 初回特典:1,200pt 継続特典:1,200pt
コミックシーモア10000(月額:税込11,000円)
通常:10,000pt 初回特典:2,500pt 継続特典:2,500pt
コミックシーモア20000(月額:税込22,000円)
通常:20,000pt 初回特典:6,000pt 継続特典:6,000pt
「狂眼」のキャンペーン利用例

狂眼 全話(タテヨミ版):5,304円

    • 月額コース5000に登録
      →登録月6200Pt
      →2ヶ月目継続6200Pt
      →3ヶ月目6200Pt+5000Pt(特典)

*月額コースを登録した翌月1日まで継続しないと対象外。
*月額コースの登録期限は、会員登録後の翌月末まで。

初回無料会員登録後に、任意の登録した月額コースを翌月まで継続すると登録したコースのポイントをプラスで貰うことができます。

「狂眼」の漫画のタテヨミ版を全話まとめて買うならば月額コース5000をおススメします。

5000コースでは毎月5,500円で5000ptを購入すると1200ptの特典がつき、還元率24%となります。

さらに初回無料会員登録に5000コース登録でキャンペーンポイント獲得の条件である2か月目の継続を満たすと後日5000ポイントが追加でも貰えます。

一番高い「コミックシーモア20000」でしたら特典が6000pt、還元率が30%、登録分のポイント還元特典も20000ポイントで最もお得になりますが、条件達成まで毎月定額でポイントを購入するので負担にならない金額の利用をおすすめします。

「狂眼」の漫画だけではなく、色々な漫画をお得に読めるキャンペーンは電子書籍サイトトップクラスです。

また、初回特典も分厚く、無料会員登録で70%割引のクーポンが貰えるので、「狂眼」の漫画を0円からお得に読めます。

狂眼(タテヨミ版)1話~最新話79話 0円~68円→割引後0円~21円

コミックシーモアは、月額制と従量課金制がありますが、従量課金サービスでも無料会員登録ができます。

「狂眼」の漫画を70%割引で読んだ後に解約をしなくても料金はかからないので安心して利用することができますよ。

コミックシーモアのサービスのポイント

月額料金 なし/月額コース330〜22000円→月額制についてはこちら
無料期間 なし
作品数 117万冊以上
取り扱いジャンル 少年・青年/少女・女性/TL/BL/大人向け/ラノベ
初回特典 ・70%割引クーポン付与
・初回登録日から3日間毎日購入で200Pt×最大3回付与
・登録した月額コースのポイントをお返し
無料会員特典 ・無料漫画が18,000作品以上読める
・来店ポイント
購入方法 クレカ/キャリア決済/電子マネー(月額コースは不可)

コミックシーモア ポイント

コミックシーモアは他の電子書籍サイトと比べて運営期間が19年と長く、運営もNTTグループですので安心して利用できます。

無料漫画も豊富で更新頻度も高めなので、「狂眼」の漫画以外にも読みたい漫画が無料で読めるかもしれません。

無料会員登録だけしておけば、漫画「狂眼」をお得に読めて、無料漫画も18,000作品以上楽しめるのでぜひ、コミックシーモアを利用してみてくださいね。

▽ 「狂眼」をすぐに読む ▽

シーモア公式はこちら

*キャンペーンは急遽変更になることがあります。公式サイトにてご確認ください。

Amebaマンガなら全79話を2,418マンガコインで読める

Amebaマンガ 無料

狂眼(タテヨミ版)全話

4,836マンガコイン→割引後2,418マンガコイン

Amebaマンガは、初回無料登録時、100冊まで使える50%即時還元クーポンが貰えます

漫画「狂眼」は79話まで配信してるので、全話50%即時還元クーポンを利用して読むことができます。

ただし、この50%即時還元クーポンはマンガコイン決済の利用時に限ります。

Amebaマンガの支払い方法にはいくつかありますが、漫画をお得に購入するなら支払い方法はマンガコインをおすすめします。
Ameba 支払い方法

マンガコインを購入すると追加でボーナスコインが付与され、購入金額が高ければ高いほど、付与されるボーナスコイン数も多くなります。

また、毎月複数の増量キャンペーンを実施しています。

マンガコインは、Amebaマンガ内でのみ使用可能なため、セキュリティ面でも安心ですが、有効期限が購入より最大180日間と短いデメリットもありますので注意が必要です。

Amebaマンガのサービスのポイント

作品数 100万冊作品以上
取り扱いジャンル 少年・青年/少女・女性/TL/BL/メンズ
初回特典 100冊まで50%即時還元クーポン
無料会員特典 ・無料漫画が1万冊以上読める
・無料連載
購入方法 クレカ/キャリア決済/PayPay・LINE Pay

Amebaマンガ ポイント

もちろん、「狂眼」の漫画以外の漫画も50%即時還元クーポンで100冊までお得に読むことができます。

▽ 「狂眼」を全話お得に読む ▽

Amebaマンガ公式は
こちら

*キャンペーンは急遽変更になることがあります。公式サイトにてご確認ください。

狂眼の最終話82話はベルトゥーンで無料で読める?

ベルトゥーン
引用元:ベルトゥーン

狂眼の最終話82話(※R18版)はベルトゥーンで配信していますが、有料のため無料では読めませんでした。しかし、今なら新規入会特典や会員登録者限定の期間限定キャンペーンで貰えるポイントを利用すれば無料で読むことができます。

ベルトゥーンは「狂眼」のR18版を独占先行配信しており、レジンコミックスの姉妹サイトです。(※独占先行配信しているのはR18版です。全年齢版を読みたい方はご注意ください。)

ベルトゥーンの特徴はベルテゥーンでしか読めないオリジナル作品が多数あり、会員登録者限定のポイント&割引チケットなどが獲得できるキャンペーンが多いことです。

会員登録すると以下のポイント取得パターンがあります。

①新規入会特典:新規登録で200ポイント&50%割引クーポンを獲得できます。(※レジコミ会員なら追加ポイントをゲット!)

②アプリダウンロード:ベルトゥーン公式のアプリをダウンロードすると300ポイントを獲得できます。

③ログインボーナス:ミニゲームや期間限定イベントなど、条件を達成することでポイントやレンタル券を獲得できます。

その他にも会員登録者のみ利用できるお得なキャンペーンを多く開催してますし、ベルトゥーンを利用する際は会員登録をおススメします!

また、ベルトゥーンで、狂眼の第1話は無料で読めるので、是非チェックしてみてくださいね。

漫画「狂眼」の最終話は有料にはなってしまいますが、電子書籍サイトを使わなくてもベルトゥーンで読めるのでチェックしてみてくださいね。

▽ 「狂眼」の最終話を読む ▽

ベルトゥーンはこちら

狂眼はめちゃコミでも無料で読める?

電子書籍サイト「めちゃコミック」で、「狂眼」を無料で読めるか調査しました

狂眼 めちゃコミ
引用元:めちゃコミック

結果、「狂眼」は7話までであれば無料で読むことができます。

  • 狂眼 1話~7話:無料
  • 狂眼 8話~最新話79話:62円
  • 「狂眼」の漫画は、めちゃコミックで全話配信しており0円から読めます。

    めちゃコミックは、会員登録しなくても読み進められる毎日無料の作品やオリジナル作品を取り揃えています。

    しかし有料マンガを読む場合は、月額コースを登録する必要があります。

    めちゃコミック 月額
    引用元:めちゃコミック

    月額コースで全話購入すると

    • 狂眼 1話~7話:無料
    • 狂眼 8話~79話:62円→5000ptコース登録で1200ptがボーナスが貰える

    ボーナスポイントの他にも、会員登録すると毎日来店ポイント、毎週火曜・水曜日は最大100ポイントもらえるおみくじも実施しているのでポイントが貯まりやすいですね。

    また、1話ごとの購入が可能ですので、見逃してしまった話など読みたい話だけを購入することもできます。

    めちゃコミックは、1コマずつ1画面に表示される仕様なので、小型の端末で漫画を読む方におススメですよ。

    ▽ 「狂眼」をすぐに読む ▽

    めちゃコミック公式はこちら

    漫画「狂眼」は漫画アプリで全話無料で読める?

    狂眼 アプリ

    結論
    主要な漫画アプリを調査した結果、「狂眼」の漫画を全話無料で読める漫画アプリはありませんでした。
    漫画アプリ
    配信
    無料話数
    ジャンププラス
    ジャンプ+
    配信なし
    マガポケ
    マガポケ
    配信なし
    lineマンガ
    LINEマンガ
    配信なし
    ピッコマ
    ピッコマ
    配信あり(全年齢版) 19話まで無料
    ゼブラック
    ゼブラック
    配信なし
    マンガup
    マンガup
    配信なし
    マンガワン
    マンガワン
    配信なし
    マンガbang
    マンガBANG
    配信あり
    マンガpark
    マンガPARK
    配信なし
    サンデーうぇぶり
    サンデーうぇぶり
    配信なし
    マンガmee
    マンガmee
    配信なし
    サイコミ
    サイコミ
    配信なし
    マンガボックス
    マンガボックス
    配信なし
    ガンマ
    ガンマ
    配信なし

    *2023年12月22日時点の情報

    【漫画アプリの特徴】

    • アプリインストール無料
    • 基本、1日1話だけ読める
    • 早く読み進めるためには課金が必要

    漫画アプリは、単行本ではなく主に話数単位で読むサービスです

    1話を2話に分けたり、アプリ独自の話数であったり、動画広告を視聴するなど、アプリによって読み進め方は様々です。

    無料話数が一番多いのは、「ピッコマ」の19話までです。

    作品によっては無料話数を一気読みできることがありますが、基本的には無料で読めるのは1日数話です。

    それ以上の話数を読みたい場合は課金しなくてはなりません。

    また配信している全ての話が無料で読めるとは限らないので注意しましょう。

    コツコツ読み進めるのが苦手な方は、先に紹介した電子書籍サイトで読むことをおすすめします。

    ▽ すぐに「狂眼」をお得に読む ▽

    シーモア公式はこちら

    漫画「狂眼」の全話あらすじ

    狂眼 全話あらすじ
    漫画「狂眼」のあらすじをまとめました。

    1話あらすじ

    狂眼 1話あらすじ

    見習い女官のウヌは、尚宮になる夢を追いながら黙々と仕事をこなしていた。ある日、世子のイ・ヒョンに夜伽相手に指名されるが、彼は一度手を出した女官を呼ばないという狂眼の世子だった。しかし、ウヌの存在が彼の頭から離れず、彼女と素朴に暮らしたいという思いが芽生える。孤立していた世子と素朴な生活を望む女官ウヌの物語が始まる。

    2話あらすじ

    狂眼 2話あらすじ

    ウヌが邸下の夜の相手をすることを知った女官たちは興味津々で噂を広める。ウヌはお風呂に入り、一度きりの夜を思い切り楽しむために心を躍らせる。身支度を整え、邸下の部屋で待つウヌは、緊張と期待で胸が高鳴る。この夜が忘れられない思い出になることを願っていた。

    3話あらすじ

    狂眼 3話あらすじ

    ウヌは命令に従い、布団に伏せるようになった。邸下はウヌのそばに近づき、服や下着を脱がせた。ウヌは恋愛経験がなくても、この行為が冷たい性行為であることを感じた。しかし、その考えを巡らせている間に、邸下のものがウヌの中に侵入し、邸下は腰を動かし始めた。

    4話あらすじ

    狂眼 4話あらすじ

    5日前、邸下は両親に挨拶に訪れた。王妃は、邸下に”ある噂”があることを伝える。父はその話を聞き、邸下に結婚を進める。現在の王妃は二番目の王妃であり、自身の権力を高めるために自分側の人間を邸下の結婚相手にしたい様子…。そして王妃は”ある噂”について話し始めた。しかし、邸下は王妃の真意を見抜き、自分の幸せを守るために慎重に行動する決意をする。

    5話あらすじ

    狂眼 5話あらすじ

    インヘ王妃は夜伽の報告を受けて不機嫌になる。大妃側の人間との夜伽に苛立ちを感じた彼女は、ウヌに呼び出しをかける。ウヌは股の痛みを感じながら、2度は呼ばれないかもしれないという不安を抱えている。王妃からの呼び出しに胸を痛めながら、彼はその場に向かうのだった。

    6話あらすじ

    狂眼 6話あらすじ

    インヘ王妃はウヌに褒美を与えると伝えるが、彼女は物で釣られる女ではないと感じる。ウヌは褒美を受け取り、人目を避けながら屋敷を去る。後ろから男性が彼女を見つめている。一方、ソヨン邸下では不機嫌な雰囲気が漂っており、ヒュルは昨晩の夜迦の相手について話されることになる。

    7話あらすじ

    狂眼 7話あらすじ

    夜伽の後、邸下はウヌに褒美を与えることを考えていたが、ウヌの謙虚な回答に驚く。翌日、ヒュルからウヌが眠り薬を盛ったという疑いを告げられる。邸下はウヌを呼び出し、服を脱ぐよう命令する。

    8話あらすじ

    狂眼 8話あらすじ

    ウヌはソンヒ邸下で毒殺疑惑をかけられ、服を脱ぎ全てを差し出すよう求められる。不信感を抱く邸下に対し、ウヌは冷静に話を聞き、全てを調べるよう頼む。ウヌは自らの無実を証明するため、体も身に着けていたものも全て差し出す覚悟を持っていた。

    9話あらすじ

    狂眼 9話あらすじ

    ウヌは毒殺疑惑で取り調べを受けるが、恥ずかしさを感じながらも思い出した香油を使用したことを告げる。証明を求められ、もし毒があるなら指を私の口に入れてと提案する。

    10話あらすじ

    狂眼 10話あらすじ

    邸下はウヌの毒殺疑惑が解け、彼女を抱きしめた後、強引に押し倒し、腰を動かすことを繰り返す。しかし、ウヌが声を出さないように堪えている姿を見て、邸下は我慢できなくなり、さらに過激な行動に出る。1度の射精では満足できない邸下は、彼女との絆を深めるために積極的に行動するのだった。

    11話あらすじ

    狂眼 11話あらすじ

    性欲に溺れる邸下は、ウヌの快楽を求めて動きを止めたり動かしたりするが、つい我慢できずに射精してしまう。妊娠しにくい体だから気にしないように言い、ウヌはそのまま寝入ってしまう。

    12話あらすじ

    狂眼 12話あらすじ

    ウヌは疲れ果てて眠りに落ち、目覚めると隣には邸下がいた。彼の安らかな寝顔に見惚れつつも、ウヌは急いで身支度を整え自分の部屋へ向かった。外の冷たい空気が体を引き締め、昨日の出来事が蘇った。その時、東宮殿の見回りに遭遇してしまったのだ。

    13話あらすじ

    狂眼 13話あらすじ

    ウヌは恭岸君の漢詩に興味津々で、彼が読む詩を物陰から聞いて解読していた。心臓が高鳴りながら同じ詩を読んでいたが、突然恭岸君に見つかってしまった。「君は誰だ?何をしていた?」と問われ、ウヌは困惑しながらも素直に答えた。「私はウヌと申します。貴方の詩に興味を持ち、こっそりと解読していました。お許しください!」恭岸君は驚いた表情を浮かべながらも、ウヌの情熱に感心し微笑んだ。

    14話あらすじ

    狂眼 14話あらすじ

    ウヌが急いで帰った後、邸下は彼の置き忘れた香袋を見つける。微笑みながらそれを思い出し、10日後に尚宮がウヌの仕事場で仲間外れにされていることを相談する。邸下は自分で考えると言い、ヒュルからウヌについての調査結果を聞くことにする。

    15話あらすじ

    狂眼 15話あらすじ

    殿試当日、邸下は朝食をとっていた。ヒュルは肉を勧めるが、邸下は食べ物に口を出されることに不満を感じる。しかし、ヒュルの言う通りにすることにする。邸下の味方は兵曹判書のイム・ジソのみで、他の人は領議政のユ・テギョン側の人間だとヒュルは考えていた。

    16話あらすじ

    狂眼 16話あらすじ

    邸下は父である殿下から、乗馬しながらわら人形に矢を当てる騎蒭(キチュ)を披露するよう命令される。護衛のヒュルは邸下の不安を察し、断るように忠告するが、邸下は弱みを見せないために引き下がることができず、彼に自分の弓と馬を持ってくるよう命じる。

    17話あらすじ

    狂眼 17話あらすじ

    殿試に集まった受験生たちは、邸下の弓の腕前に感嘆し歓声を上げた。しかし、父である殿下と領議政はそれを冷ややかに見つめていた。邸下は藁人形を射る中で狂気に支配され、嫌味を告げられたことで限界に達した。怒りに身を任せ、刀を手にして殿下に襲いかかる。

    18話あらすじ

    狂眼 18話あらすじ

    ウヌはヒュルに呼ばれ、邸下の部屋を見て驚く。邸下の狂症を知っていたが、部屋は惨状で汚れが広がっていた。しかし、ウヌの姿を見た邸下は突然静かに気を失った。

    19話あらすじ

    狂眼 19話あらすじ

    ウヌはヒュルから呼び出され、邸下の狂症について説明を受ける。狂症は突然の苦痛と自傷行為を引き起こす病気で、邸下は戦の後に発症したという。ウヌは、そんな邸下を癒すために呼ばれたのだった。彼女は優しさと知識を持ち、邸下の心を癒す方法を見つけるために奮闘する。

    20話あらすじ

    狂眼 20話あらすじ

    ウヌの心の中で、邸下への思いが募り続けていた。そしてついに、ウヌは自分の本心を邸下に告白する勇気を持った。毎日、邸下のことを考えていたことを素直に打ち明けると、邸下は満足そうな表情を浮かべた。その瞬間、邸下は優しくウヌの体を愛撫し始める。二人の関係は深まり、互いに心を通わせる夜伽が始まった。

    21話あらすじ

    狂眼 21話あらすじ

    ウヌのおかげで世子の発作は治り、ヒュルも安心した。しかし、ヤンピョングンは世子の発作の原因を突き止めるために、ウヌとの頻繁な会見を提案する。世子の顔色が良いのは、先日寵愛を受けた女官の影響かもしれないと考えるヤンピョングンは、病を治すためには真実に向き合う必要があると伝える。

    22話あらすじ

    狂眼 22話あらすじ

    ロッカーが荒らされたことでウヌはジョンオクを疑う。ミヒャンはウヌを心配し、特別尚宮になることを勧める。しかし、子供を宿せないという悩みがウヌを苦しめる。女官たちの陰口に悩む中、ジョンオクから呼び出しがあると告げられるが、別の女官に突き飛ばされる。世子は煎じ薬を飲むように指示し、子供が宿るか確認する。そして、「君を気に入った、これから頻繁に呼ぶつもりだ」と伝える。

    23話あらすじ

    狂眼 23話あらすじ

    世子はウヌにキスを迫り、人目を気にせず繰り返すが、ウヌは宮廷の掟に反することを避けたいと頼み、追い出してほしいと言う。世子は怒り、二度と現れるなと言い放つ。ウヌは嬪宮様を迎えるまでの間、世子に呼ばれれば受け入れると伝える。

    24話あらすじ

    狂眼 24話あらすじ

    ウヌは大妃様から手紙を届けるために出かけるが、風で飛んでしまったチマを男性が拾ってくれる。男性がウヌの傷を見て心配するが、ウヌは慌てて去ってしまう。

    25話あらすじ

    狂眼 25話あらすじ

    ウヌはチョ・イルムン大監のお屋敷でチョ・インホと名乗る男性に出会う。ウヌは大妃様からの手紙を預かり、手の怪我のことを説明する。インホの母親が手当てをしてくれ、使用人が手紙を届けてくれた。一方、世子はヒュルに相手をしてもらっていたが、カン女官を呼ぶ提案に怒り、大妃様からの呼び出しに驚く。

    26話あらすじ

    狂眼 26話あらすじ

    大妃様に挨拶に行った世子は、大妃様からウヌの居場所がないことを聞き、心配する。大妃様は世子に紹介したい人物がいると言い、インホが挨拶に来る。インホは世子から武芸を褒められ喜び、大妃様が翊衛司になりたいと言うと、世子は内禁衛でもなれるのではないかと提案する。インホは邸下とヒュルを尊敬していることを話し、昨日ウヌが手紙を届けに来たことを伝える。世子はウヌの怪我に怒り、すぐに彼を呼ぶよう命令する。

    27話あらすじ

    狂眼 27話あらすじ

    世子はウヌに心配していたが、彼女の足が傷だらけであることに怒りを感じた。彼はウヌに傷の原因を正直に話すように求めた。

    28話あらすじ

    狂眼 28話あらすじ

    ウヌが転んで怪我をしているのを見た世子は手当ての不備に怒り、血が滲み出ている包帯を見て心配する。世子が炭を当てたのは誰か尋ねると、興奮し動悸がして苦しむ。しかし、ウヌが笑顔で「大丈夫」と言い、世子は安心する。世子は医官を呼ぼうとするが、ウヌは食事を提案し、世子も同意する。しかし、ジョンオクがぶつかってきて、ウヌを1人で食事させるよう指示する。ジョンオクが汚水をかけてきて、ウヌが怒るとマクセンが突き飛ばし、ウヌは倒れる。マクセンがドアを閉めに行くと、怒った世子が立っていて、マクセンは驚き悲鳴を上げてパニックになる。

    29話あらすじ

    狂眼 29話あらすじ

    世子は怒りに満ちており、ウヌに自分の服をかけて誰を殺したいのか尋ねる。しかし、ウヌは自分のことは心配しなくていいと答える。ウヌは世子の手に触れ、邸下が食事を済ませたから内医院に行くと言う。世子はヤンピョングンを呼び、ウヌにも寝殿に来るように言う。世子は女官たちに食事を大切にするよう説教し、その後部屋を去る。世子はウヌの寝顔を触りながら、彼の強さに呆れつつ微笑んだ。

    30話あらすじ

    狂眼 30話あらすじ

    世子とウヌは互いに強い思いを抱き、お互いを求める気持ちが高まっていく。ウヌは世子に毎日会いたくてたまらなかったと涙ながらに伝える。世子はウヌの額にキスをし、毎日会いに来るように伝えると、ウヌも喜びながら世子に抱きついた。2人は情熱的なキスを交わし、世子は我慢できずにウヌの服を脱がせ、首筋にキスをしながら自分も服を脱いで、お互いを求めた。

    31話あらすじ

    狂眼 31話あらすじ

    世子はウヌの反応を無視し、執拗に下半身を攻め続けた。ウヌは恥ずかしがりながらも、やめないでと伝える。微笑む世子にウヌは照れて、真っ赤になった顔を両手で隠していた。ヒートアップした世子はウヌを攻め続け、ウヌは声を上げながら世子の胸の傷を舐める。世子はウヌを抱きながら、辛い日々を忘れられそうだと思うのだった。

    32話あらすじ

    狂眼 32話あらすじ

    世子とウヌは情熱的に愛し合い、終わった後も幸せそうな笑顔を浮かべていた。二人は裸のまま布団で話をしていると、ウヌが世子の胸の傷を触りながらキスをし、自分が毒を飲んでしまいたいと言った。世子は18歳の時、戦争中に父親を亡くし、拷問を受けた経験を話した。ヨリプから見せられた紙には、父王が世子を捕虜として倭軍に引き渡そうとしていたことが書かれており、世子は驚きを隠せなかった。

    33話あらすじ

    狂眼 33話あらすじ

    18歳の世子は、ジョン・ヨリプの息子に拘束され、兄が殺されたことを告げられる。しかし、世子は冷静に笑い、ヨリプの息子をバカにする。世子は自分とヨリプの息子は似た存在だと言うが、ヨリプの息子はそれに反論する。世子は軍の指導を褒められ、父親も反逆罪を追及しないと伝える。しかし、ヨリプの息子が見せた紙によって世子は衝撃を受ける。ヨリプの息子は、寵愛していた側室の息子が亡くなったため、世子になるしかなかったと説明する。裏切られた世子は父の意向ならば殺されることを受け入れると答える。

    34話あらすじ

    狂眼 34話あらすじ

    世子は火事に遭い、ヒュルに助けられる。しかし、ヨリプの息子が襲ってきたため、ヒュルは彼を斬る。ヨリプは血を流しながら同士であるはずの姿に疑問を抱き、倒れる。世子はウヌに自分が死んだと告白し、彼女に抱きしめられる。翌日、世子は民について話すが、彼らが最前線で戦ってきたことを忘れたことに怒りを露わにする。

    35話あらすじ

    狂眼 35話あらすじ

    テギョンは明の救援が戦を乗り越える要因だと発言し、世子は怒りを露にする。ウヌはミヒャンからもらった油菓を食べていたが、綺麗なかんざしを見て内命婦になることを嬉しそうに聞くミヒャンに対し、ウヌはならないと否定する。世子から内命婦に上げると言われたが、ウヌは自身の体の問題を理由に断る。世子はウヌを抱きしめ、それ以上の話は聞きたくないと伝える。そして世子はかんざしを授け、ウヌの顔を触りながら、彼女は他の男に興味を持たせないと宣言する。

    36話あらすじ

    狂眼 36話あらすじ

    報春亭でウヌと再会した世子は、彼がかんざしを挿して嬉しそうにしている姿に感動し、彼を抱きしめる。世子はウヌに密菓と千菓子を受け取ったか尋ねるが、ウヌは同部屋の女官と東宮殿の女官たちと一緒に食べたと答える。世子は東宮殿の女官と聞いて怒り出し、彼らをいじめたり軽んじたりした者たちだと言う。しかし、ウヌは時には水に流すことも必要だとなだめ、世子も納得し機嫌を直す。この様子を見た女官がインヘ王妃に報告し、王妃はテギョンを呼ぶよう指示する。

    37話あらすじ

    狂眼 37話あらすじ

    テギョンは王妃のもとを訪れ、世子の様子やウヌとの出会いを報告した。大君が自分の服を踏んで転んだが、安心させる言葉をかけた後、勉強の時間として部屋を出て行った。王妃はテギョンに引き続き世子の様子を見るよう指示し、母親がある人物に会う提案を受け、チュ尚宮と一緒にその人物に会いに行くことになった。

    38話あらすじ

    狂眼 38話あらすじ

    インへ王妃はテギョンの報告書にイライラし、世子に褒められても不満を抱く。王妃の母とチュ尚宮が霊媒師を連れてきて、大君を聖君になると言われ喜ぶが、霊媒師は世子の肖像画に驚きを隠せない。

    39話あらすじ

    狂眼 39話あらすじ

    大君の人相に竜があると言われ、インヘ王妃と母親は喜んだ。しかし、ジョクムは世子の肖像画に触れただけで指先が焼けた。彼は王になる運命だと言い放ち、王妃は怒り、彼を叱った。ジョクムは明日の朝、殿下は寝殿の敷居を跨ぐことはできないと予言し、去った。王妃はジョンオクに様子を見に行くように指示した。ジョクムは再び呼ばれることを予言して帰って行った。

    40話あらすじ

    狂眼 40話あらすじ

    ウヌが仕事を終え、世子からもらった油菓を食べていると世子が現れる。世子は悩みがあることをウヌに打ち明け、ウヌは彼に必要以上に悩まないように助言し、新たな気付きを与える。その後、殿下がやって来て女官の不在を指摘し、去って行く。翌朝、インヘ王妃は殿下に会いに行こうとするが、女官が慌てて走って来て、殿下が倒れたと報告する。

    41話あらすじ

    狂眼 41話あらすじ

    インヘ王妃は意識を取り戻し、殿下に会いたいが主治医に会えず怒る。世子は倒れた殿下のために火を焚かずに閉じこもる。王妃はチュ尚宮にテギョンとジョクムを呼ぶよう指示し、ジョクムは王妃の元へ。竜の話をすると、ジョクムは世子に竜が見えると答える。王妃は大君の運命を心配し、幼い竜が身を引くしかないと告げる。王妃はジョクムに助けを求めるが…。

    42話あらすじ

    狂眼 42話あらすじ

    インヘ王妃は大君の未来を案じ、自らの命や血を捧げる覚悟を示すが、ジョクムは竜の気には竜でしか敵わないと言い、他の人の運命も懸けなければならないと告げる。翌日、ヒュルとナム・サンギョムが世子にインホについて話し、ヒュルはまだ警戒していると伝える。その後、チョ・イルムン大鑑が訪ねてきたので、世子は彼の目的を探ることにする。

    43話あらすじ

    狂眼 43話あらすじ

    世子の元に訪れたウヌは、世子に頼まれた書物と指を温める石を渡す。ウヌが字を見たいと言うと、世子は幼いウヌの姿を思い出し微笑む。ウヌが話した花の話に世子は錬武亭のしだれ桜が好きだったと答えると、ウヌは過剰に反応してしまう。世子が詩を書き始めると、ウヌは恥ずかしそうに意味を聞かれて誤魔化す。世子がウヌを抱き寄せて「可愛げがなくなったな」と言うと、ウヌは赤くなる。

    44話あらすじ

    狂眼 44話あらすじ

    インへ王妃は、食事中の殿下を見て安心し涙を流した。殿下が世子に自室に戻るように言ったが、王妃は苛立ちを隠せなかった。しかし、世子は自室でヒュルと話し、殿下が自ら自室に戻るように言ったことに喜びを感じていた。世子はお茶を持ってきたウヌに茶菓を差し出し、冗談を言ってウヌを怒らせてしまった。しかし、ウヌは椿の花を差し出し、幼い頃から世子に恋心を抱いていたことを告白すると、世子はウヌを抱き寄せキスをした。

    45話あらすじ

    狂眼 45話あらすじ

    世子はウヌとのキスを後悔し、彼女の名前を知らなかったことを悔やんでいた。戦の途中でもウヌが地面に書いた文字を思い出していた。ウヌはなぜ宮廷に姿を見せなかったのか問われ、彼女は目立たない存在だからと笑って答えた。ウヌは自分を思い出してくれたことで幸せな気持ちになった。世子は抱き合っている最中に、ウヌが目立たない女官でよかったと言った。

    46話あらすじ

    狂眼 46話あらすじ

    世子はウヌに行為をして感想を聞くと、ウヌは申し訳なさそうにして手を拭こうとするが、世子に後ろから抱きしめられる。世子は子供だと思われても構わないと伝え、ずっと一緒にいて欲しいと告げる。ウヌは邸下の傍にいると答え、2人は再び抱き合う。ウヌが体がもたないと言うと、世子は上に跨がってみることを提案する。

    47話あらすじ

    狂眼 47話あらすじ

    ウヌと世子が抱き合った夜、ウヌはその瞬間を永遠の思い出と感じていた。一方、王妃はテギョンと母親と共に、世子が春を迎えられない可能性について話し合っていた。テギョンは世子の持病や子供のいなさを理由に廃位を示唆し、明への冊封も難しいと提案した。しかし、王妃は世子を宮中から出したい考えており、テギョンは狩の訓練行事を利用する提案をした。

    48話あらすじ

    狂眼 48話あらすじ

    テギョンは体調が優れない殿下を心配し、自分には先がないから譲位を考えていると伝える。しかし、殿下は必要だと必死に伝えるテギョンに備忘記を渡す。王妃は備忘記を見てジョクムを呼ぶべきだと考えるが、殿下の部屋に行くと世子が食事を食べさせていた。殿下がテギョンに備忘記を渡したことを伝えるが、世子は知らないと答える。世子は殿下に命令を受けられないと伝え、その時に大君が入ってきて転んでしまい、世子が助ける。

    49話あらすじ

    狂眼 49話あらすじ

    世子は殿下から世子嬪を迎えるように言われ、ウヌの顔を思い浮かべていた。王妃はその話を聞き、早く手を打たなければと思い、テギョンに手紙を書いた。そして母親にはジョクムを連れて来るように指示した。テギョンと母親がインへ王妃の部屋にやって来ると、テギョンは明の後継者争いが片付いたため、世子の冊封を拒む理由がなくなったと話し…。

    50話あらすじ

    狂眼 50話あらすじ

    世子とインへ王妃が話している最中、ウヌが部屋に入ってきて世子は驚きを隠せなかった。世子はウヌに下がるように言った。ウヌが下がった後、インへ王妃は世子嬪を選ぶ際は世子の意を最大限に汲むと言っていたため世子はイラッとしてしまう。世子は自分の気持ちを強い口調で伝えたが、発作が起きて倒れて苦しみ始めた。

    51話あらすじ

    狂眼 51話あらすじ

    世子の発作が起きている中、ウヌが手を握り、そばにいると伝える。ウヌの触れた後、世子が落ち着いたことに王妃は驚く。ジョクムが訪ねてきて、申の刻の贈り物の代償で回復に時間がかかったことを説明する。ジョクムは豚の血がついた布と世子のボロボロの肖像画を見せた後、血を吐いた。王妃はウヌが発作を収めたことを伝えると、ジョクムはウヌを邪魔だと主張し、王妃は彼女を引き離すべきか尋ねる。

    52話あらすじ

    狂眼 52話あらすじ

    ウヌが去ろうとすると、世子は彼の手を引っ張り止める。世子はウヌの行動が世子嬪のせいかと尋ねるが、ウヌは一気に薬を飲み干す。その後、世子はウヌを抱きしめるが、彼は突き放される。世子は感情的になっているだけだと説明し、お茶を入れに行くと立ち上がるウヌにキスをする。その後、世子はウヌの服を脱がせ胸を触り、本心を聞くまで帰さず罰を与えると言い…。

    53話あらすじ

    狂眼 53話あらすじ

    ウヌと世子の関係が複雑になる中、世子はウヌを大切に思っていることをキスをしながら伝える。一方、インヘ王妃はジョクムから世子の不安を鎮める女性との出会いと竜種の視力の変化を聞く。ウヌが子供を宿しているのか尋ねるが、ジョクムはまだわからないと答える。

    54話あらすじ

    狂眼 54話あらすじ

    大君の手のひらを切り、血を取ったジョクムがそれを持ち去る。殿下は世子に譲位するように求める書面を読む。世子が未熟だからと拒否すると殿下は怒り、同調した者たちを流刑にすると宣言する。テギョンは王妃に北派の長たちが流刑に処されたことを報告し、世子の事故死を偽装する計画を話す。

    55話あらすじ

    狂眼 55話あらすじ

    ウヌは誠正閣での騒動を目撃し、世子がテギョンに刀を向ける光景に驚く。彼はテギョンを庇いながら世子を止めようと必死に努力するが、世子は聞き入れず刀を振りかざす。ウヌは世子にしがみつき、ただ私だけを見て欲しいと訴える。世子は刀を離し、テギョンは助かるがまだ震えている。領議政大鑑が冗談を言ったから、自分も冗談を返したまでだと言う世子に領議政大鑑は震えながら苦笑いする。一方、ヒュルは訓練中のインホを見て、もし邸下を裏切ったら斬ると考えていた。

    56話あらすじ

    狂眼 56話あらすじ

    インホは偶然ウヌを助ける場面に遭遇し、心配して声をかける。ウヌは大丈夫だと言うが、インホは手伝うことを提案する。2人は歩きながら話し、インホはウヌにドキッとする。別れ際にウヌが笑顔でお礼を言うと、インホの胸は再びドキドキする。しかし、王妃様の心配話を思い出し、複雑な心境に。その後、ウヌは女官たちの話を聞きショックを受ける。

    57話あらすじ

    狂眼 57話あらすじ

    ウヌが世子の部屋に書物を届けたが、雰囲気は重かった。世子がウヌの体調を心配し、医官を呼ぶように言ったが、ウヌは明日も来ると言われて必要ないと感じた。しかし、世子は料理や布団を差し入れてくれていた。ソ尚宮にウヌの具合を聞いた世子は、ウヌに会いたくなり、彼を呼ぶように言った。ウヌは寂しそうに自分の部屋に戻った。

    58話あらすじ

    狂眼 58話あらすじ

    ミヒャンが美顔水でウヌのマッサージをしている最中、ソ尚宮がやってきて世子が呼んでいると伝える。ウヌは急いで世子の部屋に向かう。ウヌはソ尚宮の気遣いに感謝の言葉を述べ、世子はウヌの体調を心配して呼んだことを伝える。世子は顔を見れたから自分の部屋に戻るように言うが、ウヌは本音を告げて世子に抱きつき、御伽にさせて欲しいと願う。世子は驚きながらもウヌにキスを繰り返し、服を脱がしながら受け入れると言い…。

    59話あらすじ

    狂眼 59話あらすじ

    世子はウヌに対して後宮を断りながらも、彼との時間を楽しんでいると言った。彼はウヌを抱きしめて風邪をひかないように温めた。ウヌは申し訳なさそうな言葉を伝えたが、世子は無視し続けた。ウヌは涙を流しながらキスをし、心の中で御伽が最後にならないように祈った。

    60話あらすじ

    狂眼 60話あらすじ

    世子はウヌに痛くないか心配し、ウヌは大丈夫と答える。世子はなぜ目を逸らすのか尋ね、次はウヌの足を肩に乗せて痛ければ申せと言う。ウヌは世子に抱かれながら、このような夜が続けばいいと思う。行為が終わり、ウヌが拭くと言うと世子はもう少し一緒にいたいと抱きしめる。ウヌも満たされ、時間が止まればいいと思う。チュ尚宮はジョクムに宝飾品を渡し、精一杯尽くすように伝える。ジョクムは黒魔術をかけると言うが…。

    61話あらすじ

    狂眼 61話あらすじ

    数十年前、孤児だったジョクムはジョクラに育てられ、富を築くことを夢見ていた。しかし、ジョクラは欲を捨てないと祟りになると忠告する。ジョクムは成功し、邪魔者を始末することを誓う。ジョクラは毒を飲み、ジョクムに世子を守るよう言う。最後に、欲を捨てて運命から逃れるよう伝える。

    62話あらすじ

    狂眼 62話あらすじ

    世子は幼い頃、雨乞いの際にジョクラから封筒を渡され、ウヌは茉莉花の香袋を渡して持ち歩くように言った。ウヌはジョクラの言葉に不安そうな表情を浮かべ、世子に何か起きるかもしれないと心配する。世子はジョクラの護符が矢をはね飛ばしてくれるかもしれないと言い、ウヌを抱きしめて安心させた。その夜、テギョンやイルムン、インホたちが集まって話をしていた。

    63話あらすじ

    狂眼 63話あらすじ

    ウヌは街で買い物をしている最中に、ヒョンという人物と偶然出会う。ヒョンは世子の立場でありながら、ただ散歩をしにきただけだという。ウヌは驚きつつも、2人はにこやかに話をしている。その時、少年のサンドルがぶつかってしまい、飴を落として泣いてしまう。しかし、ヒョンは優しく穏やかな顔でサンドルにお金を渡し、家族と一緒に飴を食べられるようにする。ヒョンの変化に驚くウヌだが、2人はデートを楽しむ。デートの最後にはヒョンからウヌへのサプライズプレゼントがあり、2人は幸せな時間を過ごす。…。

    64話あらすじ

    狂眼 64話あらすじ

    ウヌがヒョンに提案した街歩きデートは、二人が夫婦に見えるような素敵な時間を過ごすことができました。ヒョンはウヌをしっかりとエスコートしながら、彼女が身に着けた華やかな服を輝かせていました。二人は世子と女官の立場を忘れ、楽しく他愛のない会話を楽しんでいました。デートの終わりには、ヒョンからウヌへのもう一つのプレゼントがありました。ウヌは部屋に帰り、プレゼントを開けると、女官にはもったいないようなかんざしを見つけました。

    65話あらすじ

    狂眼 65話あらすじ

    ウヌは愛されているが、ヒョンが会いに来た理由はウヌの美しい姿を見るためだった。2人は結婚したかのような雰囲気になり、ウヌは叶わない想いに苦しむ。彼女はずっとヒョンを支えたいが、子どもを産めないことで葛藤している。

    66話あらすじ

    狂眼 66話あらすじ

    ヒョンはウヌの顔を触りながらキスをし、その瞬間のドキドキ感が何度も繰り返されました。ウヌはキスしながら邸下の本気の気持ちに気付き、反省していました。

    67話あらすじ

    狂眼 67話あらすじ

    ヒョンが馬に乗って出発しようとしている光景を遠目で見ていたウヌは、自分に問いかけながらお腹を触っていました。やっぱり妊娠だったのかと思い、ヒョンが講式を控えていたため言い出せず。講式の前だから本当のことを言えないのだった。

    68話あらすじ

    狂眼 68話あらすじ

    夜、ウヌとミヒャンは布団に入っていたが、外からガサガサという音が聞こえて気になった。ウヌは松林に確認しに行くと言い出し、ミヒャンは止めようとしたが聞き入れられず、結局2人で調べに行くことになった。そこで彼らは、ヒョンが好きな梅の木に犬の死骸が紐で吊るされているのを発見した。

    69話あらすじ

    狂眼 69話あらすじ

    ウヌの背後に立っていた監察尚宮様の正体は謎だが、彼女の発言からウヌは恐怖に震えた。もしウヌが殴られていたら、彼女の妊娠にとって最悪の事態だ。今後は誰が味方で誰が敵かもわからず、インへ王妃の陰謀の可能性も考えられる。ヒョンは講式に行っており、助けることはできないだろう。ただ、奇跡的にヒュルが戻ってきてくれることを願うしかない。

    70話あらすじ

    狂眼 70話あらすじ

    トイレに行くふりをして女官から離れたミヒョンは、ウヌがいた場所に行くと誰もいなくなっていました。しかし、刃物を持った女官に見つかってしまい、窮地に立たされます。しかし、そこへミヒョンの姿が現れ、彼女はウヌを助けるために立ち上がります。すると、突然ヒュルが現れ、駕籠に閉じ込められていたウヌを解放してくれました。ミヒョンとヒュルの協力により、ウヌは無事に救出されたのです。

    71話あらすじ

    狂眼 71話あらすじ

    ヒョンはウヌとの行為に夢中になり、自制心を持ってウヌのことを思いやる。お菓子を食べながら会話を楽しむ2人。ヒョンは嫉妬したことを打ち明け、ウヌは自分はやましいことはしていないと伝える。ウヌの気持ちを想像し、笑いながら抱きしめるヒョン。ウヌは嫉妬のことを聞くがはぐらかされ、再び身体を重ねる。ウヌと過ごした夜が忘れられず、ウヌのいた場所が恋しくてたまらない。

    72話あらすじ

    狂眼 72話あらすじ

    ウヌが自分の気持ちを伝えると、ヒョンは笑いながらウヌを抱きしめ、彼の香りを楽しもうと言いました。その後、ウヌが自分は邸下のことしか考えていないと伝えると、ヒョンは笑いながら彼の胸や下半身を触りながら、いつも彼を考えていたのかと質問しました。

    73話あらすじ

    狂眼 73話あらすじ

    霊媒師がヒョンに矢を放ち、彼に苦痛を与える中、講武は混乱し、獣たちが暴れ始める。しかし、チョ・インホは虎がヒョンに襲い掛かる瞬間に矢を放ち、虎を倒す。しかし、なぜかインホはヒョンに矢を向け、矢を放ってしまった。

    74話あらすじ

    狂眼 74話あらすじ

    虎に襲われたヒョンが矢で助けられ、その正体はインホだった。ヒョンは彼の弓の腕前に感謝し、救われた喜びで胸がいっぱいだった。

    75話あらすじ

    狂眼 75話あらすじ

    殿下の死に悔しくて泣いていた王妃に驚き、彼女が霊媒師を呼び出すことに疑問を感じる。一方、ウヌは神様にヒョンの無事を祈っていた。すると、チャンボクが現れてヒョンからの手紙を渡す。

    76話あらすじ

    狂眼 76話あらすじ

    テギョンは息子の帰還を知り、王妃の親戚であるチョ・イルムンに速やかに知らせるよう指示した。一方、王妃は霊媒師のジョクムについて尋ねられたが、大君の介抱に専念するように答えた。チュ尚宮が呪いだと言ったことで、王妃は大君に呪いが跳ね返っているのではないかと心配した。翌日、テギョンは大君を王座に据え、国の安定を図るべきだとみんなに話した。

    77話あらすじ

    狂眼 77話あらすじ

    王妃様が国王冊封権を行使することを知ったインホは、イギョンたちに宣言しました。イギョンは喜んでいました。その夜、イギョンとインは王妃の話題で盛り上がっていました。一方、ウヌは外で泣いていると、突然ヒョンが現れました。ウヌは驚きを隠せませんでした。

    78話あらすじ

    狂眼 78話あらすじ

    王妃様の即位要求に驚いたテギョンの表情は言葉にできないほど不思議そうでした。その時、ヒョンが現れ、テギョンは驚きを隠せませんでした。ラストシーンでのテギョンの顔は何とも言えず、その様子を王妃(ヒョンの義理の母親)が知ったらどうなるのか、怒り狂った姿が目に浮かびます。しかし、王妃が怒っても何も変わらないでしょう。ヒョンもテギョンたちに怒っていたので、今後どのように問題を解決するのか、、、。

    79話あらすじ(最新話)

    狂眼 79話あらすじ

    インへ王妃は疲れ果てた大君を見て、涙で顔を濡らしながら崩れ落ちました。その時、女官たちが一列になって現れ、彼女を捕まえて連れ去ってしまいました。

    漫画「狂眼」によくある質問

    「狂眼」の漫画についてのよくある質問を調査しました。

    狂眼の次話(80話~82話)の発売日はいつ?

    漫画「狂眼」の79話は2023年12月22日に発売されましたが、次話(80話~82話)はいつ頃発売されるか予想しました。

    話数 発売日
    68話 2023年10月13日
    69話 2023年10月13日
    70話 2023年10月20日
    71話 2023年10月27日
    72話 2023年11月3日
    73話 2023年11月10日
    74話 2023年11月17日
    75話 2023年11月24日
    76話 2023年12月1日
    77話 2023年12月8日
    78話 2023年12月15日
    79話 2023年12月22日
    80話 2023年12月29日発売予定
    81話 2024年1月5日発売予定
    82話 2024年1月12日発売予定

    今までの漫画「狂眼」の最新話の発売日は1週間置きです。

    また、コミックシーモアでは80話〜82話の発売日が予告されておりました。

    漫画「狂眼」の次話(80話)の発売日は2023年12月29日です。

    次話(80話)以降も発売日が予告されているコミックシーモアをご利用ください。

    狂眼はAmazon Kindleや楽天で読める?

    「狂眼」の漫画は電子書籍版しか発行しておらず、紙の単行本での販売はありませんでした。

    サービス
    取り扱い
    kindle
    Amazon Kindle
    なし
    楽天
    楽天
    なし
    メルカリ
    メルカリ
    なし
    漫画全巻ドットコム
    漫画全巻ドットコム
    なし

    *2023年12月22日時点の情報

    現在のところ漫画「狂眼」は紙の単行本での発売はありませんが、今後紙の単行本での発売があるかもしれません。

    その場合、書店では定価販売が基本です。

    しかし、ネット通販の場合はポイントやクーポンなどでお得に買うこともできます。

    漫画「狂眼」の紙の単行本を購入する場合は、価格、ポイント、セール、送料、配送日数といった要素を総合的に判断し、ネット通販をおススメします。

    狂眼は漫画rawなどの海賊版違法サイトで読める?

    海外サーバーを経由し漫画を無料で読みことができる海賊版サイトについては運営側が定期的にドメインやサイト名を変えているので、現状どのくらいの海賊版サイトが運営中か定かではありません。

    ブラウザで読むタイプの違法海賊版サイトでメジャーな漫画rawは何度か閉鎖されていましたが、現在も復活しています。

    漫画rawは人気作品をメインに掲載しているため「狂眼」の漫画も読めるかもしれません。

    他にも海外向けに作られているサイトが多いなか、日本語で構成され日本人をターゲットにしているであろう漫画メイトなど、新しい違法海賊版サイトが次々と登場しているため、見分けがつかずに誤って利用してしまった人もいると思います。

    他にも漫画タウンや漫画ごはんなど違法な海賊版サイトはグーグルから検索除外設定を多数申告されており、検索結果に表示されなくなりましたが、海外の違法サイトはここ数年で増え続けています。

    しかし、2021年に改正著作権法が施行され、日本における漫画の違法サイトの取り締まりはより厳しくなっています。

    【 令和3年より改正著作権法における違法ダウンロードへの罰則 】

    違法ダウンロードに対して課される罰則は、「2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金またはこれを併科」とされています(改正著作権法第119条第3項)。

    違法サイト 罰則引用元:文化庁
    「違法と知りながらダウンロードした場合」は刑が科せられます。

    海外の違法サイトで漫画「狂眼」の配信はあるかもしれません。

    海外の違法サイトで漫画を読むだけでは現在のところ取り締まりについての法律はまだないようですが、今後海外サイトについての取り締まりも厳しくなる可能性があると思います。

    しかも違法海賊版サイトで漫画を読むことは先に説明した通り非常にリスクも高く、危険性しかありません。

    無料で「狂眼」の漫画を読めたとしても読まないことを推奨します。

    ABJマーク(一般社団法人ABJ)を取得している正規電子書籍「コミックシーモア」のような合法で安全・安心できるサイトで読むことをおススメします。

    ▽ 「狂眼」を安全に読む ▽

    シーモア公式はこちら

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!
    目次